妊娠線予防

妊娠中のママの皮膚にほんのりと赤みを帯びた線が現れてしまい、白く残ってしまう…これが妊娠線。妊娠線は妊婦さんのお悩みの一つですよね。太ももやお尻、乳房、そしてお腹周りに主にできます。
妊娠によって胸やお腹が大きくなった時に、皮膚が急に伸ばされることで現れてしまい、時には出産後も残ってしまうことも…

一度できるとなかなか消えないため、予防がとても大切になります。

妊婦さん予防として一番一般的なのは保湿力の高いクリームをしっかり塗ること。乾燥肌の方や多胎児妊娠の方などはとくにできやすいので皮膚の乾燥を防ぐために、クリームなどで保湿、マッサージをしっかりしましょう。
また、体重管理をして、急激な体重の増加がないようにするのも大切です。皮膚が身体の変化についていけないと妊娠線につながるので、徐々に増えていくように調節するのが望ましいです。お腹が大きくなってきたころは、運動してもいい時期に入ってくるので、適度な運動もしていいので食べ過ぎた時はしっかり運動しましょう。

これらの効果をより高めるのなら、妊娠中からの骨盤ケアはとても有効です。骨盤を正しい位置に調整することで、お腹の大きさの変化にしっかりと耐えられる体が作られるため、妊娠線予防にはとても効果があります。